谷川岳の魅力を紹介。谷川岳エコツーリズム推進協議会公式サイト

お知らせ

ブナアオシャチホコが大発生

8106c549c07b6487698a22f49c66842e

谷川岳山麓や周辺の上州武尊山でブナアオシャチホコの幼虫がが、7~8月に大発生しました。ブナの樹冠を見上げると葉が食べられ

激減しているのが確認できます。概ね同じ標高を帯状に食害しているようです。

9月に入ると樹上から地上におり、さなぎになる準備で落葉層の下に潜ってしまいます。来夏にも猛威をふるいそうです。

ですが、心配いりません。天敵のクロカタオサムシが大発生して2~3年で収束に向うとされているからです。

また、来夏は冬虫夏草が数多く見られそうです。このブナシャチホコが土中にいるとき、それに冬虫夏草菌が感染し、死に至らしめ、翌

夏にキノコがそこから生え、冬虫夏草が発生するものです。

ブナ林下の物語を来夏は味わってください。

PAGE TOP