お知らせ

先進地視察研修を実施しました!

12月15日に東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村ビジターセンターにおいて、エコツーリズム推進協議会インタープリター、山岳資料館員、谷川岳登山指導センター職員らが参加して、当センター職員から研修を受けました。

研修の目的は、近い将来インフォメーションセンター(仮称)が建設される予定に伴い、協議会も運営に関わることが考えられるので、施設運営に必要な基礎を学ぶこと。また、ガイドウォークについて、参加型の手法やプログラムの立案・スキルアップ方法を学び、活動に活かすことです。

山岳資料館や登山指導センターも関わることから参加をしてもらい、また、この研修にあたっては、所管する環境省谷川自然保護官事務所からの情報提供であり、当事務所2名のほか、長野自然保護官事務所からも2名が参加をしてくれました。

研修内容は、午前中にクラフトセンター2階でセンター職員の菅原・坂田両氏より施設の概要や運営についての説明、質疑応答を行い、ビジターセンターでバックヤード見学を実施しました。午後は2班に分かれガイドウォークを体験した後、座学でスキルアップの事例や団体対応についての説明、質疑応答を行ない、有意義な研修が終了しました。

PAGE TOP